障がい者雇用に対する視点

1.ストレングスに着目した支援

 モリスは、障がい者のもつ「障害」に焦点を当てるのではなく、彼らの持つ自信や能力、希望、可能性に着目し、そのストレングスを活用することによって、利用者の自律を援助しています。

 このストレングスに基づく視点のもと、特別支援学校で他の就労移行支援事業所や就労継続支援A型施設、就労継続支援B型施設で受け入れ不可能と判断された障がい者に対し、積極的に実習への門戸を開き、当法人への雇用に結び付けています。

2.チームでの一般就労に向けた支援

 モリスでは、一般企業に就業できる障がい者、職場リーダーになれる障がい者、能力開発をする障がい者と、その能力に合わせた支援を行いたいと考えております。

 特に一般企業への就職支援においては、1人での就職は、差別、偏見等による様々な軋轢(あつれき)により早期退社が予想されるため、その対処法として、3人1組のチームでの一般企業への就労を目指しており、施設外就労先において、チームのリーダーとなれる人材の育成に力を注いでいます。

3.静岡県基準の最低賃金保証

 障碍者就労継続支援A型事業所として、利用者と雇用契約を結び、静岡県が設定した最低賃金の時間給を保証しております。

 今後、事業の拡大に合わせて、最低基準時間給にとらわれず、時間給のアップさせることで、利用者の経済的自立を支援していきたいと考えます。

4.期間を定めない雇用契約

 モリスでは、平成22年度以降、新規利用者の雇用契約については、基本的に雇用期間を期間の定めの無い契約としています。

 期間を定めないことで、利用者の安定雇用に結び付けるとともに、利用者のモリスに対する帰属意識を高め、より安心して働いてもらえるよう配慮しています。

5.利用者を正規雇用に

 障がい者の気持ちは、同じ障がいを持った方が一番理解できると考えます。実際、職業指導の場において、職員が指導するよりも、利用者が利用者に教えて方が、より理解してもらえるといった事例が多々あります。

 そのため、事業が軌道に乗り、事業収益が向上した場合は、利用者を準職員及び正規職員に採用したいと考えております。実現すれば、利用者の仕事に対するモチベーションの向上、利用者の経済的自立及び、障害者年金の受給額を抑えることができます。